書評なんかあきらめろ 〜感想文が書けません〜

書籍の書評・要約をなんとかやってみようというブログです

日本を蝕む働かないアリに意義がある

ざっくりいうと
 

1.7割ほどのアリは巣の中で何もしていない。
2.アリには刺激に対する反応の違いという「個性」がある
3.個性があるから仕事の総体がまんべんなく回り、コロニーに有利

 



7割ほどのアリは巣の中で何もしていない。
 

驚いたことにある瞬間、巣の中の7割ほどの働きアリが「何もしていない」ことが実証されました。これはアリの種類を問わず同様です。案外、アリは働き者ではなかったわけです。


生まれてから死ぬまでほとんど働かないアリもいる。

変動環境のなかでは、「そのとき」が来たらすぐ対応できる、働いていないアリという「余力」を残していることが実は重要なのかもしれません。


ハチもアリも、若いうちは内勤で老いると外回りの仕事に就く傾向がある。

あるワーカーが生まれた場合、はじめのうちはできるだけ安全な仕事をしてもらい、余命が少なくなったら危険な仕事に「異動」してもらうことが、労働力を無駄なく使う目的に叶うことになります。つまり、年寄りは余命が短いから死んでも損が少ない、というわけです。


人間の場合はこれは当てはまらず、年寄りの知恵や経験が必要だから、お年寄りをたいせつにする、という風になったのでしょうけど、現代社会ではその価値も薄れてきているかも。
なぜなら、単純な知識であればいくらでも手に入るようになったから。


卵の世話など、巣にはほんの短時間でも途切れてはならない作業がある。

これをさせるには、全員が目いっぱい働いている状態ではダメで、ある程度余裕を持って組織がまわっている必要があるんですね。ニート万歳。


兵隊アリは喧嘩になると逃げる。

兵隊なのに戦わないw 兵隊アリは大きいので小型の働きアリよりコストがかかっており、それを多様のエサを賭けた戦いで失うのはコロニーにとって得策ではないから。そこらへんは徹底的に合理的というか。 当然人間の世界ではこうはいかないわけで、その分コストがかかり複雑になるかと。コストは組織/社会にとっては頭を悩まされる課題だが、それを知恵を絞ってなんとかしようというのも人間なわけで。何でもかんでもコスト重視になってしまってもいけないですし。


道を間違えるアリが交ざっているほうが、エサを効率よくとれる場合がある。

「間違える個体による効率的ルートの発見」という効果があるようです。正確にAの後を追う場合は、最初の個体Aが見つけてきた曲がりくねったルートを正直にたどってエサが運ばれるのに対し、間違えるものがいる場合は、最初のルートをショートカットするような効率のいいルートが発見されることがあり、持ち帰り効率があがるようだ、とのことです。


間違えたほうがいいこともある、と。人間の世界で言うと、トライ&エラーをする。そのほうがいろいろ発見できたり気づいたりすることもあると。


反応閾値とは「仕事に対する腰の軽さ」

アリは個体によって、この反応閾値がそれぞれ異なるので、まず反応閾値が低いものが、小さな刺激で動きだす。それらが疲れてくると今度は「今まで働いてなかった」個体が動き出す。 そのことによって仕事がまんべんなく回り、常にコロニー内の労働力/労働量が保たれていると。


反応閾値が異なることで、コロニーは守られている

もしも固体差がなかったら、みんな同じタイミングでエサを取りに行くので、コロニーを守る仕事をするアリがおらず、全滅の危機になってしまいます。 固体差があるからこそ、コロニー全体では臨機応変に動くことができると。
 

反応閾値に個体差があると、必要な仕事に必要な数のワーカーを臨機応変に動員することができるのです。

腰が軽いものから重いものまでまんべんなくおり、しかしさぼろうと思っているものはいない、という状態になっていれば、司令塔なきコロニーでも必要な労働力を必要な場所に配置できるし、いくつもの仕事が同時に生じてもそれに対処できるのです。


うーんでも「さぼろうと思っているものはいない」という前提なんですよね? 人間の場合はそううまくいかないのでは? 

刺激に反応する度合いが個体によってバラバラなほうがいい。最初は敏感なものたちだけが反応して仕事にとりかかるが、そのうち鈍い?個体も仕事をするようになっていく。仕事量が減ってくれば、鈍い個体から離れていく。非常によくできてる。
しかしさぼろうと思っているものはいないというのが必要条件なのかな? すると人間の場合、スキあらばさぼろうとする人はいるわけでw あと仕事してるフリとか。フリーライダーの問題もありますしね。
 

みながいっせいに働くシステムは、同じくらい働いて同時に全員が疲れてしまい、誰も働けなくなる時間がどうしても生じてしまいます。


上記した反応閾値が異なるシステムを採用している場合は、働いているものと休息しているものたちとのあいだで、労働のサイクルが生じるので、いつも誰かが働きつづけ、コロニーのなかの労働力がゼロになることがない。
つまり昔の「24時間働けますか」を実現したけりゃ、まず「やっぱり24時間は無理よねwww」という認識がないと。個人単位では十分に休息をとることでパフォーマンスを高め、組織全体でうまくサイクルを回すことによって「24時間戦う」体制を作れる。


疲労という宿命があると、働かないアリのいる非効率的なシステムのほうが長期間存続できる
 

つまり誰もが必ず疲れる以上、働かないものを常に含む非効率的なシステムでこそ、長期的な存続が可能になり、長い時間を通してみたらそういうシステムが選ばれていた、ということになります。

働かない働きアリは、怠けてコロニーの効率をさげる存在ではなく、それがいないとコロニーが存続できない、きわめて重要な存在だといえるのです。


まあニート万歳ですよ。しかし人間の世界では「働かない」人/ことの重要性を認識してもらえるかどうか。「嫉妬や妬み」がやっかいなんですけど、それはまだ別の話になりますかね。
 

働かないものにも、存在意義はちゃんとあるのです。


そうです。そのためには多種多様な価値観や生き方を内包できる社会でないといけないのだが、社会が変わるためには人間のマインドセットが変わらないといけないのかなと。それは容易なことではないのだが、「成功例」を出すのが手っ取り早い。(「自由な生き方www」とかwww)
でもそのような新しい価値観が注目されてくると、いっせいにそれに群がって商売しようという輩もいるわけで。そしてわけの分からんバズワードが踊り、それに踊らされたあげく、失敗する人たちもでてくると。
しかしそのような「失敗例」はまあ当然のごとく闇へ葬られるので、また釣られる者と釣る者と群がる者がくんずほぐれつになる、ということのくり返しというのが残念な現実でもあるんですけど。
 

性能のいい、仕事をよくやる規格品の個体だけで成り立つコロニーは、確かに決まりきった仕事だけをこなしていくときには高い効率を示すでしょう。しかし、ムシの社会もいつ何が起こるか分かりません。高度な判断能力をもたず、刺激に対して単純な反応をすることしかできないムシたちが、刻々と変わる状況に対応して組織を動かすためには、様々な状況に対応可能な一種の「余力」が必要になります。


余力をもつことも大切だが、ムシのように単純な反応しかできないというのもいかんのでは。「動物化するポストモダン」ならぬ「ムシ化する現代社会」というか。
それはうまいこと踊らされてしまう危険性が高いので。思考停止は危険。
 

何が「役に立つのか」は事態が生じてみるまでわからないことなのです。したがって、いまはなんの役に立つかわからない様々なことを調べておくことは、人間社会全体のリスクヘッジの観点から見て意味のあることです。


付箋紙とか、全く関係ないところから生まれた発明も多々あるので。「才能の無駄遣い」も大切なのですが、それができるためにはやはり「余力のある」社会でないといけないんですよねえ・・・。
 

フリーライダーが増えすぎると、そのコロニーは滅びる。
 

「個体が貢献してコストを負担することで回る社会」とうシステムが常態化すると、そのシステムを利用し、社会的コストの負担をせずに自らの利益だけをむさぼる「裏切り行為」が可能になってきます。


まあ楽したいのが人情だよねえ。けどこれは問題になるのでは。フリーライダーの問題は論文もでてるくらいだからなあ。

社会階層と職場のフリーライダー問題:若年層における ... - nifty 


フリーライダーが滅ぼしたコロニー跡に通常型の新しいコロニーが生まれ、社会全体ではフリーライダーの数は一定に保たれる

そりゃまあ全体としてはいいんでしょうけど、個々のコロニーとそこにいる個人にとっては死活問題なわけで、やはりアリの世界と人間社会は違うんだよなあ、という感想がムクムクと出て来るのですけれど。


ある種のコロニーには、働かないで自分の子を生み続けるフリーライダーがいる
 

社会性の生物のなかには、コロニー全体の利益になることを一切せず、ただひたすら自分の子どもだけを生産し続ける裏切り者のワーカーがいることがあります。


うーん、でも全員がそうである、とはかぎらないからねえ。増えすぎれば困るだろうけど。人間でいえば、ばんばん子ども産んで子育てしてくれる人たちがいてもいいよねってことになるけど。ただでさえ少子化が問題になってる(そもそも問題なのか?)わけだし。


生物が群れを作ると、自分が食べられる確率がさがる「捕食回避」効果がある

自分がエサを食べている間、仲間が周囲を警戒してくれる防衛効果もある
 

一般的な群れるメリットとしてまず挙げられるのは、集団をつくるだけで「捕食回避」の効果があるということです。

鳥の例で重要なのは「群れ」をつくった結果、1匹では同時に成し遂げることができない複数の行為を同時に行うことができるようになる、ということです。


鳥は食事をしているあいだ下を向くので、上空の警戒ができない。でも群れでいれば常に群れのなかの誰かが上空を警戒していればよい。これを人間にあてはめると、リスク管理に応用できるかもしれないが、「誰かがやってくれているだろう」と誰もが思ってしまい、結果誰も何もやっていない、ということになりかねない。そこでテクノロジーの出番なんでしょうけど。

 


最後に

所属する集団が他の集団とどのように対峙しているかは、集団に属する個人の運命を大きく左右します。私たち人間は個人と社会のあいだに存在する様々な軋轢から逃れることはできないのです。

いやー「自由な生き方www」とか言ってる輩に聞かせてやりたいわー。
 



記事タイトルはまたいつものようにホッテントリメーカーで作りましたが、作者のphaさんといえばこれ。

 
続きを読む

人生に役立つかもしれない暇と退屈の倫理学についての知識

こちらの記事でもちょっと触れた、國分功一郎『暇と退屈の倫理学』ですが、「環世界」のことについてはこの記事では触れません(汗

タイトルはまたホッテントリメーカーで作りましたよと・・・。



ざっくりいうと
1.現代の消費社会は、気晴らしをすればするほど退屈が増すという構造を作り出した。
 

2.マルクスによれば、だれもが暇のある生活を享受する「王国」、暇の「王国」こそが「自由の王国」である。その実現への第一歩は、贅沢のなかからこそ始まる。
 

3.退屈と向き合う生を生きていけるようになった人間は、他人に関わる事柄を思考することができるようになる。<暇と退屈の倫理学>の次なる課題は、どうすれば皆が暇になれるか、皆に暇を許す社会が訪れるかということ。

 

さて、人間に無理を強いて働かせるとどうなるか?当然、効率は悪くなる。同じ仕事をするにしても、調子がよい時よりも、時間がかかってしまったり、失敗したりする。  するとこう考えねばならない。労働者を使って暴利を貪りたいのであれば、実は労働者に無理を強いることは不都合なのだ。労働者に適度に余暇を与え、最高の状態で働かせること───資本にとっては実はこれが最も都合がよいのだ。(118ページ)


これは確かにそうですね。そう考えると、長時間労働を強いるブラック企業は実は経営が下手、ということになるでしょう。
 

「仕事が充実するべきだ」という主張は、仕事においてこそ人は充実していなければならないという強迫観念を生む。人は「新しい階級」に入ろうとして、あるいは、そこからこぼれ落ちまいとして、過酷な競争を強いられよう。(129ページ)


これも確かに。充実している/していないなんてのは人によって千差万別ですし、「やりがい搾取」なんてのもあるわけです。ハードルがどんどん高くなっていくだけで、その一方こぼれ落ちるものたちへのフォローなんてない、そんなんじゃ皆疲弊して先細りしていくだけです。「そんな弱いやつは生き残れない」? それはとんだマッチョ思想ですな(故に脳筋)。自分だけは生き残る自信があるとでもいうんですかねえ?
 

かつてオフィス・オートフォーメーションが現れたときには、機会が人間の雇用を奪うと恐れられた。しかしそれは杞憂に終った。いまは人間が機械の代わりをしている。このポスト・フォーディズムの時代にあっては、「新しい階級」の提言など戯言でしかない。(136ページ)


結局機械もまだまだコストがかかるし、新しい製品を開発するには、そのための機械もまた新しくしなければなりません。設備投資よりも人件費のほうが安いから人が雇用されているだけ、というわけです。(*ここら辺の設備投資vs人件費は詳しい数字は分かりませんがンガクク)
 

必要なものが必要な分しかない状態は、リスクが極めて大きい状態である。何かのアクシデントで必要なものが損壊してしまえば、すぐに必要のラインを下回ってしまう。だから必要なものが必要な分しかない状態では、あらゆるアクシデントを排して、必死で現状を維持しなければならない。(143ページ)


ここら辺は小飼弾さんのブログでもあったかな。メルマガでもあったと思いますが、それは転載するわけにはいかんでしょうなあ。
 



暇を作れぬ奴に金は作れない


暇というのは、「時間が空いている」ということではない。配るべき心の余裕がある、ということである。彼らの成功サイクルは、以下のとおりである。

生産性を向上する
向上した生産性を、暇にまわす
暇なときに、チャンスが巡ってくる
そのチャンスをものにする
1に戻る
例外は、ない。一つも。
 

そのことに気がついていない人たちは、忙しい。時間はあっても、その時間を有効活用するだけの心がない。時間が投資ではなく浪費されている。だから貝亡となる。金(貝)がないので、安い仕事に「忙殺」される。これを何回か繰り返せば、ワーキングプアの一丁上がりとなる。彼らは実に忙しい。安月給でこきつかわれるのに。TVの前で過ごすのに。そして、真の暇人たちの揚げ足をとるのに。

おっと、結構辛辣なこと言ってますな・・・。
 


人類は気晴らしという楽しみを創造する知恵をもっている。そこから文化や文明と呼ばれる営みも現れた。だからその営みは退屈の第二形式と切り離せない。ところが消費社会はこれを悪用して、気晴らしをすればするほど退屈が増すという構造を作り出した。消費社会のために人類の知恵は危機に瀕している。(348ページ)


まあ「退屈だ」といいながらパチンコやソシャゲをやっていると、明らかに搾取されているわけです。贅沢というよりも単なる「消費」でしかないから。うーん、じゃあどうすればいいんでしょ。「贅沢」とは?
 

マルクスは「自由の王国」の根本的条件は労働日の短縮であると言っていた。だれもが暇のある生活を享受する「王国」、暇の「王国」こそが「自由の王国」である。誰もがこの「王国」の根本的条件にあずかることのできる社会が作られねばならない。そして、物を受け取り、楽しむことが贅沢であるのなら、暇の「王国」を作るための第一歩は、贅沢のなかからこそ始まるのだ。(356ページ)


「贅沢」の定義はここに。「楽しむ」ってのが大事。ただ単に興奮するとか、消費するのではなくて。
 

退屈とどう向かい合っていきていくかという問いはあくまでも自分に関わる問いである。しかし、退屈と向き合う生を生きていけるようになった人間は、おそらく、自分ではなく、他人に関わる事柄を思考することができるようになる。それは<暇と退屈の倫理学>の次なる課題を呼び起こすだろう。すなわち、どうすれば皆が暇になれるか、皆に暇を許す社会が訪れるかという問いだ。(356ページ)


いやあ、ぜひともそのような「皆に暇を許す」社会が訪れてくれるといいですな。自分に余裕がないと他人を思いやることもできないので。

 



こちらもおすすめです。


やわらかな遺伝子 - うまれて そだって



ざっくりいうと
  1. 従来の遺伝子理解、「なにかを決めている遺伝子」(○○遺伝子)は一面の事実でしかなかった。
  2. 脳のなかにある遺伝子は、私たちの行為によって、環境の因子によって、スイッチがオンするという。
  3. そのようにして脳は自己改造されていく、というこれまでと180度転回した遺伝子観について語られている。

「生まれか、育ちか」という議論は昔からある議論ですが、本書ではそれを変える説を唱えています。
要は、遺伝子は最初から決定・固定されたものではなく、タイトル通り「やわらかく」変化をする。というものですね、平たく言えば。


「生まれか育ちか」の議論は、ユートピア的な理想主義に陥る罪を犯しやすい。つまり、人間の本性についての理論から、ある理想的な社会が導き出されると考えてしまいがちなのだ。人間の本性が理解できたと思った人はたいてい、すぐにその説明を絶対化して、完璧な社会のデザインに乗り出す。これは、「生まれ」を支持する側にも「育ち」を支持する側にもあてはまる習癖だ。しかし、そのようなユートピア的空想からは、どんなユートピアも地獄だという教訓が得られるにすぎない。

「何々で決まっている」や「たったひとつの~やり方」という物言いはまあ遺伝子の話に限らずよくありますが、危険かなと。まるであたかもそれですべてが万事解決するかのように錯覚してしまうので。
実際は様々な要因が複雑に絡み合っているので、対処法もひとつではない。シンプルに考えるのは悪いことではないですけど。


平均値の陰に隠れたふたつめの意外な事実は、年齢とともに遺伝子の影響が高まり、共通の環境の影響が失われていくことだ。年をとるにつれ、その人のIQは家庭環境ではなく遺伝子で予測できるものになる。

これは、子どもが他人から教えられて知識を身につけるのに対して、大人は自分で知識を身につけるからだろう。「環境」は、一定不変の実体ではなく、各人が積極的に選ぶ、独自の影響因子の集まりなのである。

そして遺伝子はその環境から情報を引き出し変化してゆくのだと。


遺伝子は「情け容赦のない小さな決定者」で、繰り返し同じメッセージを生み出しているが、プロモーターが外部からの命令によってスイッチのオン・オフをしているのだから、遺伝子の活動が最初から決まっているとは言えない。むしろ、遺伝子は環境から情報を引き出す装置なのだそうです。


本来、才能の遺伝的な差異は、ごくわずかなのだろう。あとは訓練の成果なのだ。とはいえ、その訓練自体が一種の本能に頼っている。思うに、それはヒトだけがもつ本能で、何万年ものあいだに自然選択によって思春期のヒトの脳に植えつけられ、子どもの耳にこうささやきかけているのではないだろうか。得意なことをどんどんやり、苦手なことは嫌がりなさい。

「好きこそ物の上手なれ」とは言いますな。
好きでもない、向いてないことをやっていてもなあ。
「向いてないからやめさせなさい」と親に言ってくれた
それをちゃんと指摘してくれる人がいれば、楽になれるんですよね、特に子どもにとっては。



私の中に「私」はない。あるのはただ、絶えず変化しつづける脳の状態であり、歴史と、感情と、本能と、経験と、他人からの影響が───それにもちろん偶然も───一緒に煮詰まってできたエキスだ。



感想:
「生まれは育ちを通して」
人間は「うまれて そだって」いくものなんだなあ。


その他引用

教育とは結局、頭に知識をいっぱい詰め込むことではなく、生きていく上で必要な脳の回路を鍛え上げることだ。鍛え上げることで、脳の回路は自在に働く。



記憶の獲得は記憶の検索とは別であり、脳内の部位で別の遺伝子を必要とする。キノコ体からのアウトプットは、記憶の検索には必要だが、獲得には必要でない。そして、そのアウトプットのためには、特定の遺伝子のスイッチがオンにならなければいけないのだ。


私が言いたいのは、脳が持っているたくさんの素晴らしい能力は、文化と関係がないということだ。われわれの知能や想像力、共感する能力や洞察力は、必然の結果としてだんだん生まれたのだが、文化の助けは借りていない。それらの能力が文化を可能にしたのであって、文化がそれらを生み出したわけではないのである。



スポンサードリンク
Amazon クラウドウィジェット
book shelf
記事検索
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ